ファクタリングは比較しないと失敗する?

ファクタリングは比較をしないと失敗する可能性が高いです。

たった1回だけの利用なら、それほどのリスクはありません。ところが、継続して利用をすることになると手数料によって倒産の危機に陥ってしまうでしょう。2社間ファクタリングの手数料は5%~30%程度ですが、仮に20%として具体例をあげてみます。ある月に100万円の売掛金を売却し、手数料20万円を引かれて80万円の現金を手に入れたとします。本当なら数か月待てば100万円がまるまる手に入るはずなので、20万円の損をしていますよね。

しかし、従業員の給料を支払えなかったり建物や設備の維持費を払えなかったらそもそも事業が続けられないので、高額な手数料を支払う意味はあります。もちろん、先に銀行融資やビジネスローンを検討するべきです。1か月だけならそれほどのリスクはありませんが、2カ月・3カ月と継続して利用することになったらどうでしょうか。毎月20万円の手数料を引かれ続けるので、単純に毎月の利益が20万円減ってしまいます。

これでは、問題を先延ばしにしているだけで結局最後は倒産してしまうのではないでしょうか。ファクタリング業者を比較することで、このリスクを下げることができます。業者によって手数料がまるで違うということもあるからです。しっかりと比較するかどうかで、倒産するかしないかが決まるといっても過言ではありません。悪質な業者は弱者をターゲットにする傾向があるので、こういうときこそしっかりと調べましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *