自社の発展にはファクタリング会社の比較検討が大切

企業経営戦略におけるファクタリングの占める位置づけは、ますます重要度が高まってきています。

金融機関からの融資は審査基準の引き上げや貸し渋りなどに伴い、特に業績の小さな企業においては過度な期待はできない状況になりつつあり、従来は審査に通過していた事案であっても業績先細りなどの観点で、予想外の審査落ちが発生するというケースも少なからず報告されています。

そのような場合に直面するのが深刻なキャッシュフローのショートであり、企業の存続自体に関する問題となります。適切な資金調達方法を他に確保しておくことが、これからの生き残り戦略に必要不可欠なものと言えるでしょう。中小企業に多く利用されているファクタリングは、売掛債権の現金化を可能とする資金調達手段ですので、融資と異なり審査基準は比較的低く設定されています。

また企業側ではなく売掛先の信用度が判断されますので、業績に関する心配や企業そのものの信頼性などについては関連性がなく、銀行融資と比較しても圧倒的なスピードで資金確保を実現できます。ファクタリングの事業者は日本国内でも増加傾向にあります。

特に2000年以降は積極的に経産省の主導でファクタリング利用推進が続けられているため、比較検討し有利な条件で利用できるように選択の幅も広がってきています。ご自身の会社を安定して発展させ続けることができるよう、心強いパートナーとなるファクタリング会社をぜひ比較検討して探し出しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *