様々なファクタリングを比較しながら決める

これから融資を考えていこうとする中で、各金融機関を比較しながら決めていくこととなります。

ファクタリングは売掛債権に関して将来起こり得るリスクを事前に回避できるように申し込んだり、未回収となっている売掛金を回収できるサービスとなっています。これを銀行によって受けることができれば、ファクタリングは成功といえるかもしれません。様々な金融機関を比較していく中で、ファクタリングを銀行で決めている企業は非常に多いです。短期ならば1パーセントから、長期だと2パーセントから3パーセント程度でファクタリングを考えていくことができるため、調達するコストも非常に安くなっています。

ただし他の金融機関と比較すると審査が厳しくなっており、担保や保証人そして信用保証協会などの条件をクリアしなければなりません。また審査に時間がかかったり、用意する資料も多くなります。ファクタリングの比較とともに融資を受けるスピードを考える時には、資料などを用意する時間も考慮しながら決めるようにしましょう。

審査のハードルを低くしたい時には不動産担保ローンが適しており、保証人も不要です。金利は5パーセントから10パーセント程度となっていますが、返済期間が25年まで最大で引き伸ばしていくことができる点が人気を集めています。デメリットとして不動産を必要とするので、対象の不動産について評価額以上の金額にすることは不可能です。ただし返済を終えると任意売却や競売で現金化することができるので、返済に充てていくことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *