比較してわかるファクタリング業者の違い

商取引をする上で代金の決済を後日に行うことはよく行われています。

このような後日に支払われる代金のことが売掛金や売掛債権と呼ばれるものですが、この売掛債権は帳簿上は利益として計上されるものです。しかし、現実には手元には現金がなく、このため突発的に現金を必要とするさいには黒字であるにも関わらず資金調達が出来ずに不渡りを起こしたり、また最悪の場合には倒産するといったことにもなりかねません。

このような問題を改善することができるのがファクタリングです。ファクタリングは売掛債権を買い取ってくれるサービスのことで、買取ですので売掛債権担保融資とは異なって返済の義務がありません。また売掛先が何らかの理由で不渡りとなってもその責任を負うことがないメリットがあります。しかし、このファクタリングを行っている業者にはそれぞれに違いがあり、比較して選ぶことが大事です。比較するさいのポイントとしては、その手数料です。

実のところファクタリングは保険診療報酬の請求を除けば5%以上の手数料が必要になり、売掛債権の額面に対する回収率が低下することになります。特に高いところでは30%と設定しているところもあり、このようなファクタリングを利用することは、よほどの理由がなければメリットがないことです。また業者によっては同じ売掛債権でも手数料が大きく異なるため、比較しないと売掛金の回収率にも大きく影響して、場合によっては無駄に手数料を支払うことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *