比較的簡単なファクタリングによる資金調達

ファクタリングは売掛債権を支払い期日前に売却して資金調達する方法です。

商品やサービスを提供した後、売掛金の支払い期日までには1か月から2か月ほどの間隔があるのが一般的とされています。ファクタリングは金融機関からの融資などと比較して簡単な手続きで利用できるだけでなく、素早く資金調達を行うことが可能です。特に中小企業や個人事業主などに人気があります。

また売掛先の倒産による未払いのリスクを回避することもできます。ファクタリングと同様に素早く資金調達を行う方法にはビジネスローンの活用などがあります。しかし消費者金融業者などから融資を受けた場合、その後に返済しなければなりません。売掛債権の譲渡であれば、融資ではないので返済の負担がなく経営に専念できます。ファクタリングには業者と利用者のみで行う2社間契約と、売掛先の合意を必要とする3社間契約があります。前者の手数料相場は売掛債権額の10%から40%ほどですが、後者は5%から10%ほどとされています。

ビジネスローンの金利は一般的に6%から18%なので、3社間契約の方がコストを安く抑えることができます。また売掛債権を譲渡する場合には、企業自身の信用力ではなく売掛先の信用力が重視されます。比較的緩やかな審査でサービスを利用できるというメリットがあります。ファクタリングは比較的簡単な手続きで素早く資金調達ができるという特徴が存在します。さらに倒産による未払いのリスクを回避できるので、中小企業や個人事業主などに人気です。急な資金が必要な場合には、まず売掛債権の売却を試すことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *