担保融資のメリットと様々な担保

担保融資は、金融機関に債務不履行時に弁済する連帯債務者や保証人の代わりとなる担保を差し出す融資であり、担保を差し出す事で無担保融資に比べて低金利や長期返済など複数のメリットを得る事が出来る融資です。

担保融資は、持ち運びや動かす事が出来ない土地や家屋などの不動産が一般的であり、抵当権を設定する事で優先的に債務不履行時に債務を回収する事が出来る事から高額の融資が可能です。また、不動産は債務不履行時に設定された抵当権に基づく裁判所の決定に従って所有権の移転が可能であり、債務者に雲隠れされても債務の回収が出来る事から金融機関でも比較的短期間で審査結果が出るメリットもあります。

担保には、不動産以外にもあまり自覚がないまま利用している方が多い自動車に加え、銀行の預金や生命保険及び年金など数多くあります。自動車担保は、一般的な金融機関では大型バスや積載車など商用車を対象としていますが、貸金業者やディーラーは一般家庭の自動車も担保に出来る事から車検証の所有者の欄が貸金業者やディーラーになっている事もある担保融資です。

契約期間の長い終身保険や養老保険は、中途解約した場合の解約払戻金が高額になる事から生命保険会社の契約者貸付制度を利用する事が出来るメリットが大きく、解約払戻金の70%~90%程度の借入が可能であると共に一般的な金融機関に比べて貸出金利が低いので可能な限り利用すべき担保融資とも言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *