担保融資のメリットと追加融資

担保融資は、融資を履行をするために債務者から債権者へ担保を提供する事で融資が行われ、債務不履行時に代わりに支払う保証人や連帯債務者などの人的担保と物的担保の2種類に大別されます。

この融資は、債務不履行時に弁済に見合うだけの財源確保が金融機関が確保している事から融資が受けやすく、担保の種類や価値によっては融資額の増額につながる融資です。また、金融機関が債務不履行時に弁済に見合うだけの財源を確保している事から無担保融資に比べて金利がかなり低く無担保融資に比べて審査も短期間で済むメリットに加え、長期の返済期間を設定している金融機関が多くあります。

物的担保は、一般的に自動車や証券などの様に動かす事が出来る動産に比べて住宅や土地などの不動産は動かす事が出来ない事から管理がしやすく、動産に比べて価値が大きいケースがほとんどなので金融機関が担保として要求するケースが多くあります。

物的担保は、債務不履行時に不動産の所有権移転をするだけで弁済が完了するメリットが金融機関側にあり、現在ではリバースモゲージなどの新しい融資形態も商品化されているのが現状です。しかし、不動産担保は融資開始時の不動産価値に対して融資が行われる事から経済状況の変化や路線価の低下などによって価値が下がったしまった場合には追加の担保を金融機関から要求される事があり、逆に価値が上がった場合には追加融資を受ける事が可能になるケースが多々あります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *