無担保融資の魅力について

金融機関からお金を借りる場合、土地や建物などの不動産を担保として要求されることが少なくありません。

無担保融資は言葉のまま担保が不要です。担保と言うのは返済が滞った場合、競売にかけられてしまいます。不動産の場合競売にかけられたらそこに住めなくなります。また、競売の場合市場価格の8割程度で落札されることが少なくありません。競売の落札金を債務返済にあてても債務が残ってしまうこともあります。担保だけでなく保証人も用意しなくてもいい場合があります。

保証人は、債務者が返済できなかった場合、金融機関から保証債務の義務履行が求められます。日本では、借金をする場合に保証人になってくれる人を探すことは容易ではありません。保証人になってくださいと言うだけで、その人との人間関係が壊れてしまうことがあります。保証人不要の無担保融資の場合こういった心配がなくなります。

もちろん、保証人不要で、かつ担保も不要だと言う無担保融資もあります。無担保融資で担保が無く保証人もつけない場合、通常の審査期間より数割程度短くなることは少なくありません。金融機関から融資を受ける場合には、様々な書類を提出して、チェックされます。その場合に時間がかかるのが担保や保証人に関す書類のチェックがあります。金融機関としては、貸したお金が返ってくるのかと言うことを重要視するのは当然です。緊急性を要する場合に向いている融資方法の一つだと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *