有担保融資のメリットとデメリット

銀行などの金融機関からお金を借りる方法は様々ですが、大きく分けると契約の際に担保を差し出す有担保融資と担保や保証人などが必要な無担保型の融資に分類できます。

ビジネスシーンなどでまとまったお金を借りる際によく利用されているのが担保が必要な有担保融資なのですが、有担保融資には具体的にどのような点が優れており、どのような弱点があるのでしょうか。詳細を詳しく解説していきます。有担保融資のメリットとしてまず挙げられるのが低金利で借入ができる点になります。担保が不要な融資の場合、金融機関は利用者の信用度を調査して貸付を行います。

年収などが一定額あればお金を返してもらえない危険性は下がりますが、もしものことを考えるとまとまったお金を貸したくないというのが金融機関の本音です。一方で担保を確保してある場合、もしも貸したお金を返してもらえなくても担保を換金すれば良いので、まとまったお金を貸しやすいのです。

また貸し倒れのリスクが低いことからなるべく長期間借りてもらうために金利を低く設定してあります。つまり担保がある融資はまとまったお金をお得に借りるのに適しているのです。一方でデメリットですが、申し込みから融資実行まで諸手手続きが多いため多くの時間を要すること、返済が滞った場合には担保が換金されてしまうことなどが挙げられます。例えば住宅ローンの場合、申し込みから実際にお金が振り込まれるまで相当の手間と時間がかかりますし、返済が滞れば住宅が競売にかけられる恐れがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *