担保融資のメリットは数多くあります

担保融資は担保を必要とする融資であり、無担保融資よりも不利に捉えられることがありますが、担保が必要だからこそのメリットは大きいです。

例えば高額融資を調達できる、総量規制の対象外になる、低金利で借りられる、などがあります。担保を必要とするからこそ億単位などの高額融資に対応できるわけです。総量規制の対象外となる理由はシンプルで、消費目的のローンだとみなされないためです。金利はキャッシングなどより低く、一桁金利で融資してくれるケースが少なくありません。

担保融資を利用したいケースは、100万円以上の高額調達をしたいとき、低金利で借りて利息を抑えたいときなどです。不動産などの担保を有している場合は、担保融資に申込むのが得策と言えるでしょう。総量規制対象外となるので100万円超の借入をすることは難しくありません。借入できる金額は担保価値の60%程度となっており、1000万円の担保を入れた場合だと600万円程度を調達できます。

担保融資はおまとめ用としても活用されており、多目的ローンを一本化するために活用している方は少なくありません。多目的ローンの代表格といえばキャッシングやカードローンであり、これらのローンは金利が高く設定されています。金利を抑えるためには担保を必要とするローンに申込みして、複数ローンをまとめる方法がおすすめです。実質年率を低くすることは利息を抑えることで最も大切なので、定期的にローンの見直しをしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *