不動産担保融資のメリットとは

不動産担保融資の場合、その他の融資方法と比べて金利が安いことが魅力です。

金利について、不動産の価値、お金の利用目的などにより異なります。もちろん、金融機関によっても異なってきます。低ければ0.9%位もありますし、高ければ15.00%位あります。住宅の購入や事業用資金で不動産担保融資を受ける場合、0.5%から3.0%位の金利で借りることもできます。個人向けのお金の利用目的を限定されないローンの場合、金利は10%前後程度になります。借りる額が多いと金利が少し違うだけで、返済総額が数十万円以上、場合によってはそれ以上違ってくることがあります。

この金利の低さは、金融機関が貸したお金を回収できなくなるリスクと関係しています。不動産の価値と言うのは、震災などの影響などにより急激に変動することはありますが、基本的に程度で価値が何割も異なってくると言うことはそれほど多くありません。10年以上の返済期間をもうけたとしても、過去の不動産価格の変動を確認することにより、おおよその目安がつきます。

連帯保証人による保証の場合、保障してくれる人の10年後の収入の変動の予想が、不動産価値の変動よりしにくい傾向があるので、貸す方としてはリスクが高くなります。抵当権を行使して競売にかければ不動産担保融資の場合、金融機関は比較的すぐにお金を回収することができます。また、現在日本では不動産の任意売却と言う方法も流行していて、担保にとった不動産の市場価格分のお金を回収することができやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *