自立支援給付費債権のファクタリングなら換金できます

障害福祉サービスを営んでいる事業者の方で資金繰りに窮している方は自立支援給付費債権のファクタリングサービスを利用されてはどうでしょうか。

急に資金が必要になった場合に、銀行からの借入はなかなか難しいものです。そういう場合には、自立支援給付費債権のファクタリングを検討してみるのもいいはずです。自立支援給付費債権が交付されるまでは3ヶ月ぐらいの期間がかかるものです。そうはいっても障害福祉施設を営んでいる場合には、施設の人の生活もかかっています。資金繰りが上手くいかないからといって、施設を閉めるわけにもいきません。

思い切って、自立支援給付費債権のファクタリングを検討されてみるのもいいでしょう。ファクタリングの場合には銀行の融資のように担保は必要はありませんので、すぐに資金調達をすることが可能になります。新たに事業所を開設した場合には、国保連から給付金が振込まれるまでは3ヶ月ぐらい、実質収入は0円になります。そうはいっても、その間の人件費や運営費は支払わないといけません。ファクタリングで前倒しで資金調達を実施すれば、初月から資金を手に入れることが可能になります。

自立支援給付費債権の場合は100%資金調達をすることが可能です。お金のことで悩んでいては、せっかく立ち上げた福祉施設も運営に悩んでしまうものです。資金調達をすぐに実施して福祉事業の経営に専念したほうがいいものです。すぐに資金が必要な福祉事業者の方は相談してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *