自立支援給付費債権のファクタリングで早期に現金化を

障害福祉事業者の方で資金繰りに悩んでいる方もいるかと思います。

銀行に融資を依頼するとしても、担保や連帯保証人が必要なものです。追加融資を考えても、すでに経営者が連帯保証人になっている場合がほとんどですから、新たに連帯保証人を探す必要があるはずです。現実的にはなかなか難しいはずです。自立支援給付費債権のファクタリングサービスを用いれば、早期に現金化して受け取ることが可能になります。福祉事業者を営むということは人件費もかかりますし入居者の生活もかかるものです。資金繰りで悩むより施設の運営で悩むように心がけましょう。

自立支援給付費債権のファクタリングサービスを利用すれば、最短5日で現金化をすることが可能になります。自立支援給付費債権の債権譲渡を行い、現金を早期に手に入れたほうが経営は楽になるはずです。ファクタリングサービスで早期に現金を手に入れ経営に専念するように心がけましょう。審査通過率は100%通過するものです。

どのような事業者様でも利用可能なのが、自立支援給付費債権のファクタリングサービスを利用することは可能になります。申し込みにあたっても決算書等の掲示は必要はなく、債務超過になっている場合やNPO法人のために融資が受けれないような場合も遠慮しないで相談してみてください。入居者の方の生活もかかっています。障害者福祉施設を運営するには従業員の人件費もそうですが入居者の生活もかかっています。資金繰りで悩まず経営で悩みましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *