ファクタリングで介護給付金を即時現金化

ファクタリングを利用すると、介護給付金を即時現金化できます。

とはいっても、全額をすぐに現金化できるわけではないようです。ファクタリング業者にもよりますが、すぐに現金化できるのは介護給付金の8割になることが多いようです。その後、機関から介護給付金が実際に支払われた後で、残りの2割が支払われます。もちろん、ファクタリングの利用では手数料がかかりますので、手数料が引かれた金額が支払われます。ファクタリングの利用でかかる手数料は、業者によって異なりますが、5%から20%くらいの手数料がかかるようです。

1000万円の売掛金なら、たったの2ヶ月早く現金化するだけで50万円から200万円程度の手数料がかかってしまうということです。消費者金融で金利15%で借りたとしても、1000万円に対してかかってくる利息は2ヶ月なら30万円もかかりませんから、消費者金融で借りたほうがまだ費用が節約できるということになります。このように、銀行や消費者金融から融資が受けられるようなら、そちらを利用したほうがはるかにメリットがあります。

金融機関は資金操りに失敗して倒産の危機にある企業にお金は貸しませんから、銀行融資を検討するなら早めに行動をしておくことが重要です。もしもどこの金融機関からもお金が借りられなくなったら、最後の手段としてファクタリングがあります。しかし、一時的に状況をしのげたとしても、またすぐに資金難に陥る可能性もあるので、なるべく銀行からの信用を得るように努力をしておくべきでしょう。
担保融資のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *