診療報酬債権のファクタリングで容易に資金調達

「ファクタリング」とは金融サービスの一種です。

診療報酬債権のファクタリングといった場合は、銀行や証券会社などに医科や歯科などが診療報酬債権を譲渡して資金を調達する仕組みのことをあらわしています。このシステムを利用すると、短い期間で資金を調達することが可能になるため、利用する医科や歯科が年々増加してきています。また、資金を用意する側の事業者としては、債権の回収が容易であるために審査が簡単に通るようにしています。

このことも利用者が増えている要因と言えるでしょう。前述のとおり診療報酬債権は回収が容易なため、優れた資産であるということができます。このため、もしも金融機関などから融資が得られないなど、緊急の事態がおこった場合でも、ファクタリングを使えば素早く簡単に資金を集めることが可能になります。なんらかの原因で赤字が続いて債務超過が起きているというような状況においても、診療報酬債権のファクタリングをおこなえば、資金を調達することができるのです。

このことから、経営危機など万が一の事態が起きた時の非常用手段として、ファクタリングは極めて有効だと考えられます。ただし、いくつか注意すべき点もあります。それは調達できる資金が、最大でも二ヶ月分にしかならないという点です。取引先の銀行などの金融機関から十分な融資を受けられるのであれば、あえてこの制度を使わなくても問題はありません。また、経営危機などがおこった結果診療報酬債権を譲渡したのなら、早期に経営改善をおこなう必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *