カードローンの概要と使い方

カードローンとは、個人を対象にし、銀行や消費者金融機関から金銭を無担保で貸し付けることが可能な資金の融通をいいます。

金銭の返済時には分割で支払うことが可能です。金融機関から発行されるカードを用いて貸し付けを行うことからカードローンと呼ばれます。クレジットカードと異なるのは、商品の決済機能がないところです。また金融機関ごとに金利も異なり、貸し付けできる金額に上限が定められています。カードローンを契約するには、個人信用や返済の履行が正常になされるかを判断するため、2つの審査が必要となります。

一つはコンピュータによる仮審査で、年齢や勤続年数など、申込者から入力された基本情報と、他社からの借り入れ状況の審査を短時間でします。もう一つはカードローンを取り扱っている金融機関の社員によって行われる本審査で、証明書による本人確認や、信用情報機関による借金の有無、借り入れの金額などを、自宅、職場との電話連絡により厳正に審査します。本審査が通過すれば金融機関からカードが発行されます。

主な使用例として、緊急かつ予想外の出費が必要となり、所持金が不足した場合に頻繁に使われます。銀行からの貸付は、上限金額が高めに設定され、一般的な銀行から借りるため信頼性が高いところに利点があります。一方で消費者金融は審査時間の短縮に重点が置かれています。金銭の利用計画や返済の将来性などを熟考し、最も安心できる機関に申し込むことが重要です。
売掛債権のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *