ファクタリングによる売掛債権の現金化

企業と消費者間においての商取引においては一部、クレジット払いなどの特殊なケースがありますが、原則としてサービスや商品の代金については現金での支払いとなっています。

そのため、サービスや商品を販売した企業はその代金を待たされずにすぐに手にすることができます。それに対して企業と企業との間で行われる取引においてはその取引額も必然的に大きくなることから、一般的にサービスや商品の代金はあらかじめ決められた期日にまとめて支払う後払いのかたちになっています。つまり、サービスや商品を販売した側の企業がその代金を実際に受け取れるにしばらくの時間が必要になってくるのです。

そのようなサービスや商品を販売したにもかかわらずいまだ支払われていない代金を売掛金と呼びますが、販売した側の企業はその売掛金を取引先の企業に請求する売掛債権という権利を有することになります。決められた期日にサービスや商品の代金を支払ってくださいと請求できる権利を持つことになるのです。しかし、いくら売掛債権を有していたとしても取引先相手に対して期日前にサービスや商品の代金を支払うように強要することはできません。

その結果、売掛金の金額がいつの間にか膨らんでしまって資金繰りの悪化をもたらしてしまうこともあります。ただし、そのような状況に陥ってしまったときであっても売掛債権を有していれば資金繰りの悪化による経営の危機から逃れられる術があります。その手段がファクタリングと呼ばれるもので、ファクタリング会社に自社が保有している売掛債権を買取によって現金化する方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *