売掛債権を現金に変える方法について

売掛債権とは、物やサービスを提供し、その支払いを受け取る権利のことを指すことが多いです。

一般的に請求書を発行して支払いを待っている状態と置き換えることもできます。そのような状態では近い将来現金が支払われると言う状態であるものの、手元に現金がありません。そのため資金不足が発生している状況においては困ったことになる場合もあります。その支払いが比較的近い将来であれば良いのですが、支払いが大きく遅延する可能性がある場合、いち早く売掛債権を現金化しなければならないと言う局面も発生することがあります。

そのような場合においては、売掛債権を直接売却して現金を得るという方法で資金調達することが可能です。仕組みはファクタリングとも呼ばれており、事業資金を調達するための手段として1つの選択肢となるものです。事業資金の不足が様々な状況下で発生するものであるため、必ずしも業績が不振の状況下だけの問題ではありません。それよりもむしろ極端に業績が好調なタイミングで、先行投資が過剰になってしまった場合などにも発生する問題であるため、速やかな問題の解決のための手段として様々な資金調達の方法を用意しておくと言う考え方が経営者には必要となります。

銀行からの融資等を利用することで資金不足を乗り切ることも可能ですが、そのような手段が選択できない場合や、一時的な問題への対処の場合には売掛債権の売却を1つの手段として有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *