信用取引において欠かせない売掛債権

売掛債権(売上債権)とは、信用取引(掛取引)によって商品やサービスが提供されたが、まだ代金を受け取っておらず、代金を受け取る権利のことを言います。

信用取引は企業間の商取引では一般的に行われているもので「後払い」のことです。前払いや現金取引ではその都度決済をしなければならず、非常に面倒なことになります。例えば、飲食店がお店で出すための食料品を仕入れる際、納入業者が食料品を持ってくる度に現金でやりとりするのは、作業が増えて時間がかかることですし、毎回お金を用意しないといけないですし、お金の管理も考えないといけません。

飲食店と納入業者双方にメリットがあるのが信用取引なのです。売掛債権の中には売掛金と受取手形があります。売掛金は手形以外の支払いで商品・サービスの代金を受け取る権利で、受取手形は手形によって代金を受け取る権利のことを言います。手形とは「この期日までに代金を支払います」と約束するもので、小切手と同じく当座預金を開設しておく必要があります。小切手がいつでも換金することができるのに対し、手形はその期日(通常2、3ヶ月後)まではお金を受け取ることができません。

よくあるトラブルとしては売掛金の未回収があります。相手の企業を信用して取り引きしても、取引先の経営悪化や倒産、悪徳業者なよる不払いや商品・サービスに納得せず意図した不払いなどがあります。売掛債権を持っていても必ず相手が支払ってくれるわけではなく、普段から連絡をとって仲良くしておき、不審な点がないか日頃から確認しておくことが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *