担保融資を利用するメリット

担保融資とは銀行や貸金業者などからお金を借りるさいに担保を設定してお金を借りる方法です。

一般的な融資において担保を取ることも多いので担保融資は身近な存在といえます。メリットは、借りつける側は貸し倒れになったとしても担保となっているものを処分することによって回収することができるということです。デメリットは借りる側が担保となるものがなければ利用できません。

なお、担保があるため無担保ローンと比べると低金利での借入が可能です。担保融資で使われる担保は土地などの不動産が一般的です。有価証券を担保に貸し付けるサービスも存在します。利用する場合には抵当権が設定されるため流動性のないものである必要があります。

なお、担保融資ではその都度審査を受けて借り入れる方法とカードローンやフリーローンなどのように予め利用限度枠を設定しておく方法があります。利用限度枠を設定しておくことで必要な時に現金を調達することが可能です。また低金利ですのでつなぎ資金はもちろん本格的な事業性資金としても使うことができます。

一方で担保融資の注意点としては、担保の価値によって利用限度枠が変化することです。担保に出している不動産の価値が低下すると限度枠も減らされます。限度枠一杯まで借り入れていない場合には問題ありませんが、借入額が限度枠を超えてしまうような状況になると追加で担保を求められるケースもあるため余裕を持った利用が大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *