担保融資を上手に活用するテクニック

長年にわたり地域でビジネスを行ってきた企業の強みは、ビルや工場などの不動産を持っていることです。

そのために運転資金などが必要になったときにも、保有する不動産を活用して担保融資を受ける事例が多いです。特に好立地の場所に自社ビルを持つ企業であれば、不動産担保ローン会社との交渉を通じて有利な条件でお金を借り入れることができます。

しかし創業してから数年程度の企業の場合には、担保融資を受けるときに必要な不動産を持ち合わせていないケースもあります。そのようなときには売掛債権担保融資を上手に利用すると、月末の支払いに必要な資金をスムーズに確保することが可能です。まず最初に個別の金融会社にメールなどで問い合わせて、利率や融資金額などの諸条件を確認する必要があります。

不動産担保ローンと比較すると売掛債権担保融資の適用金利は割高なので、短期の借り入れで積極的に活用するのが望ましいです。希望する金額を借りたときの返済額を事前に想定すると、個別の会社の売り上げや利益の範囲内で無理をせずに融資を受けられます。また売掛金を担保にしてお金を借りる方法もありますが、ファクタリングを活用する中小企業も増えています。

売掛金を担保に差し入れて融資を受ける場合とファクタリングの条件を比較して、有利な方法を選んで資金を調達するのがポイントです。とりわけ融資の審査が通らない場合には、ファクタリングで運転資金などを確保するのが理想的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *