不動産を中心とした担保融資

担保融資とは、担保という債務者(お金を借りる人)が債務(借りたお金を返すという責任)を果たさない場合(万が一返済不能になった場合)の債権者(お券を貸した人・企業・銀行など)の損害を補うために設けられたもので特に不動産(家や土地)のことを一般的に担保と言い、その不動産に対して担保(抵当権を付けることにより、債権者が損害を補うためにその不動産を打ったりできる権利)を設定して融資(ローンを組む)_お金を借りることを言います。

よく一般的にはマイホームを購入する時に銀行がそのマイホームに担保融資をするケースがよくあります。また銀行がお金を貸す場合の審査で不動産(購入予定のマイホームで土地の地価など担保評価額を測定する)と借りる予定の人物の属性を調査して貸すかどうかの判断をします。

人物の属性とは、その人物の経済力(勤務先の企業の経営状態や個人の年収・自己資金の額・過去の金融の支払いに対する事故がないか調査します。次に銀行が担保融資をするケースに、すでに所有しているマイホームなどの不動産に担保を付けて融資する(お金を貸す)ケースです。

この場合では資金用途は生活費でも他の借金の返済でも自由に使用することが出来、返済期間も銀行によりますが最長20年と長くローンが組め、金利も変動タイプと固定期間が3年から10年と選択できるタイプもあります。また高額の融資で万が一の心配のために団体信用生命保険に加入することもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *