担保融資は審査のハードルが高いのか

担保融資は担保を必要とし、個人を対象とした無担保融資よりもハードルが低くなることもあります。

キャッシングやカードローンなどは個人の信用力を第一にチェックされますが、担保を必要とするローンは担保の資産価値が重視されます。もちろん借り手自身の信用力も必要となりますが、審査で重視されるポイントが複数あるわけです。

つまり審査基準がほどよく分散されて利用しやすくなるとも言えます。土地・建物などの不動産を有している方は、担保に入れて借りるのもよいでしょう。担保融資のメリットとして高額融資に対応していることもあります。

担保なしのローンだと多くても500万円程度の融資となっています。それ以上を借りるのは無理が生じてくることが多く、その理由は総量規制の対象になるためです。キャッシングやカードローンは銀行系も多数登場していますが、依然として人気が高いのは消費者金融です。

消費者金融はノンバンクに該当しており、借り入れできる金額は年収の3分の1以内となります。つまり500万円を借りる場合にも1500万円以上の年収が必要になるわけです。これに対して担保融資は総量規制の対象外となるため、数千万円以上の借り入れも可能になります。

担保価値に応じた融資となるので、当面は使用する予定のない土地・建物があれば担保に入れるのもよいでしょう。担保融資は高額融資に加えて金利も低く抑えられたものが目立ちます。金利を抑えることは最大の利息対策になるので、状況によってはキャッシングやカードローンよりも有利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *