担保融資の金利が低い理由とは

数あるローンの中でも担保融資は金利が低く抑えられています。

その理由は不動産などの担保を設定するため、金融機関にとってリスクが低くなるためです。金融機関が最も危惧するのは貸付したお金を回収できなくなることです。無担保融資は少額融資が基本になっていますが、それは利用者の返済能力だけが審査で重視されることが関係しています。

ローンの代表格と言えばキャッシングと言われるほど人気があり、中でもカードローンはカード1枚で借り入れ・返済できるメリットがあります。担保融資はカードが発行されませんが、高額の融資を受けるためには最適です。中には数千万円~数億円の融資に対応したものがあり、他社ローンのおまとめや事業融資としても活用できます。

キャッシングやカードローンよりも金利が低いので、高額を調達したい場面でも適しています。担保融資のメリットには用途が幅広いこともあり、原則として用途を問われないことが多いです。

キャッシングだとおまとめや事業融資には使えないことが多いですが、担保融資は対応しているケースが多々見られます。低金利で借り入れするメリットは非常に大きく、利息に直結してきます。

利息を抑えるためには低金利で借りること、たくさん借りすぎないことがポイントです。たくさん借りると返済期間が長期化してしまうので、発生する利息も大きくなるわけです。利息を節約するためには早期完済が基本となるので、なるべく早く返せることを重視したシミュレーションを立ててください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *