担保融資の活用方法について

金融機関からお金を借りる方法は担保を付けるものと付けないものに大別することができます。

担保融資の最大のメリットといえば、無担保の融資に比べて低い金利で借り入れをすることが出来る点です。金融機関は貸し出しをする際に審査を行います。基本的には借り入れをする方の返済能力で判断します。個人の方であれば、金融資産や年収、家族構成などから総合的に判断して返済能力に有無を審査します。

しかし、どれだけ年収があっても返済が滞る可能性はあります。そこで、万が一返済が滞った時のために担保融資があります。具体的には抵当権等を設定することで返済資金を調達するのです。担保融資には、不動産担保、有価証券担保、動産担保、指名債権担保があります。

この中で特に利用が多いのが不動産担保の融資です。個人の方の場合には住宅ローンが一般的です。具体的には、不動産を購入するための資金を借り入れるために所有する土地や建物を担保に入れるという仕組みで、債権者は不動産に抵当権を設定します。

そして返済が滞った場合には抵当権を実行して、その不動産は競売にかけられその売買代金が債権者の元に支払われます。金融機関は貸し出しの際に担保不動産の評価を行い、その評価金額までの融資とすることが多いです。

最近では住宅ローンだけでなく、不動産を担保とするカードローンやフリーローンも展開されており、無担保のローンと比較すると、大幅に低い金利となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *