中小企業の資金調達なら、売掛債権担保融資が活用的

売掛債権担保融資とは、事業内での商品在庫や売掛金などといったものを担保にして融資を受けることをいいます。

不動産担保の代わりとなる、事業内での財産を担保にする新しい資金調達法です。すなわち売掛債権担保融資とは流動資産担保融資のことで、英語ではアセット・ベースト・レンディング、略してABLと呼ばれています。売掛債権担保融資を受けると、売掛金が返済されるまでの資金を金融機関から借り入れするため、中小企業にとっては便利な制度だと注目されています。

中小企業が返済を行うのが困難となった場合には、信用保証協会によって残高の90%が代わりに返済されるとともに、債権の回収を行います。売掛債権担保融資を受けたい場合には、信用のおける金融機関に相談しましょう。多くの企業でのファイナンスに関する問題を解決した経験と実績が豊富で、全国対応している機関なら安心して相談することができます。申し込みを受けてから審査までの期間も短く、迅速に融資の手続きを行うことが可能です。債務超過で銀行からの資金融資が困難であったり、資金繰りに困っている中小企業の経営者の方にとって、売掛債権担保融資は大変活用的です。

まとまった資金が調達できるので、起業のファイナンスが改善できるうえに、取引先への信頼も回復できます。融資へのお問合せは、オンラインの問い合わせフォームか、フリーダイヤルで受け付けています。実績と経験の豊富なファイナンスのプロが、親身になって相談にのってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *