売掛債権担保融資を受ける

売掛債権担保融資とは売掛債権を担保にする融資のことを意味します。

売掛債権担保融資は担保融資ですので、資金を借りて通常通り支払いを行っている間は、売掛金の取り扱いは通常通りとなります。担保を利用する融資の時は支払いができない場合を想定する必要があります。支払いができなくなった場合は、担保となっている売掛金から資金が回収されます。売掛債権担保融資をできるのは、銀行か貸金業者となっていて、上限利息も決まっています。元金が100万円を超える場合は、年率15%が上限となります。

資金を借りる時は利息のことを考えることが重要です。売掛債権担保融資を受けるには審査に通り必要があり、審査内容は不動産担保融資と似ていますが、不動産の場合と異なり売掛先の信用度のチェックなども行われます。売掛債権担保融資の審査時には、売掛先との取引状況のチェックも受けます。一定程度の継続した取引がある売掛先があることが審査に通る条件であることが多いです。大企業との取引の方が信頼を受けることが一般的ですが、大企業1社との取引よりも複数の中堅企業との取引の方が評価が高くなることも多いことは意識する必要があります。

こうした融資のシステムは変化していて、信用保証協会が保証を提供する場合もあります。融資を受ける時は会計項目を意識する必要もあり、融資の場合は会計上は負債となり契約条件によって会計項目が変わります。借り入れ期間によって、長期借入金か短期金かが決まります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *