売掛債権担保融資とビジネスローンはどちらが良いか

事業資金を調達する場合、ビジネスローンで対応できるのであればそれを利用し、審査に落ちたり金額が足りないのであれば売掛債権担保融資を利用すると良いでしょう。

売掛債権を担保にしていますが、不動産を使うときのように金利が大きく下がるようなメリットはありません。ノンバンクであれば、法定金利の上限である18%を適用しているところが大半です。担保があるので、融資額はその評価額と売掛債権の信用性で決められるのが売掛債権担保融資の特徴です。無担保のビジネスローンよりも高額の融資は受けやすくなります。しかし、銀行を利用する場合は審査は厳しくなるので、自社の事業が不調になっていると契約は難しくなります。売掛債権担保融資を利用すると、売掛先に利用を知られることがあるのがデメリットです。

経営難に陥っていると誤解される場合があり、今後の事業に影響する危険性があります。この原因に、売掛債権に譲渡禁止特例が付いていることが挙げられます。解除するように国が要請していますが、大口の取引では付けられている場合があり、そのままでは譲渡できません。利用するには売掛先に解除するように依頼するため、売掛債権担保融資を使うことが知られます。返済できなくなり、譲渡するときになるまで通知しないことが多いですが、金融機関の中には売掛債権担保融資を利用するだけで売掛先に通知するところもあります。そのため、通知しないことを確認してから契約すると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *