ビジネスローンで事業資金を調達しよう

事業資金を用立てしたいときに、キャッシングを第一候補に考える方は少なくありません。

キャッシングは用途不問が原則なので、生活費のために借りることも可能です。事業資金に余裕はないけど、生活費は潤沢というケースはめずらしいです。そのため事業資金と生活費の両方に使えるキャッシングを選択肢にする方が多いわけですが、事業資金目的は不可のケースが少なくありません。キャッシングは用途不問が基本ですが、あくまで健全な生活資金に限定されており、事業資金は生活資金とはみなされないわけです。

そこで重宝するのがビジネスローンであり、事業資金全般に使用することができます。生活費には使用できませんが、総量規制による縛りがないメリットがあります。ビジネスローンには有担保と無担保タイプがあり、後者の金利はキャッシングとあまり変わりません。実質年率18.0%以下に設定されたものが多く、キャッシングと同様に100万円以上の借入をすると利息制限法により15.0%以下となります。有担保のビジネスローンは低金利かつ限度額が大きいので、高額融資を受けたい状況で適しています。

ビジネスローンを初めて利用する方は、少ない希望額から申し込みするのがおすすめです。ローンの審査はローンの種類により異なりますが、確実に言えるのは希望額と比例関係にあることです。希望額が少ないと審査のハードルが低くなるのはキャッシングなどと変わりないため、最初は少ない金額で申し込みしてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *