デメリットもあるビジネスローン

事業資金が足りないという時に使うことが出来るのがビジネスローンです。ビジネスローンにはメリットもありますが、デメリットもあります。

最も大きなデメリットとして考えられるのが、金利が高いということです。公的融資や不動産担保ローンに比べると、金利が高く設定されています。そのため、返済期間が長くなればなるほど返済額も高額になってしまいます。特に、保証人・担保を要しないローンの場合はその傾向が強いようです。次に、申し込みをする時の書類を用意するのが面倒ということです。個人事業主か法人かによって用意する書類には違いがありますが、確定申告書や事業計画書を提出する必要があります。

これらの書類をもとに審査が行われますので、正しく書類を作成・用意することが出来なかった場合には、審査に大きな影響がある可能性があります。ビジネスローンはあくまでも事業資金として使うためのお金を融資するというものです。そのため、使途が限られてしまいます。そして、その使途の範囲については、融資をする側の判断によるものが大きく、一概にどれが良いということは出来ません。

融資を受けたお金の使い道については、あらかじめその範囲を確認しておくと良いでしょう。ビジネスローンは事業資金を得るための有効な手段ではありますが、金利が高いため、公的融資などを利用することが出来なかった場合に利用すると考えておいたほうが良いでしょう。もし、公的融資を受けることが出来れば、低金利で融資を受けることが出来ますので、そちらの方が良いはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *