個人事業主が利用できるビジネスローン

個人事業主の中にはいざというときのためにカードローンの契約をしている人も多くいますが、通常のカードローンでは事業性資金への利用は認められていません。

実際には事業に利用しても咎められることはありませんので、お金を借りることだけを目的にしているのであれば十分かもしれません。しかし個人事業主の場合はカードローンよりもビジネスローンに切り替えたほうがメリットが大きくなります。それは利息負担を経費として計上することができるようになるからです。利息を経費にすることができれば税金の負担を減らすことができますし、収入が低くなることによって健康保険料の値段も下がります。

また、個人事業主の場合は小規模のところも多いため、審査の厳しい銀行系のローンよりも消費者金融などのノンバンクが提供しているビジネスローンのほうが契約がしやすいでしょう。通常のノンバンクのカードローンでは年収の3分の1までしか借りることができませんが、ビジネスローンは総量規制の対象外ですので、経費をたくさん計上していて年収が低くなっている人でも利用が可能です。ノンバンクのローンでも契約金額が大きくなってくると銀行系カードローンのように低金利になることもあります。

ビジネスローンと言っても生活決済に利用することもできますので、ビジネスローンをおまとめローンの代わりに利用することもできます。借入先を圧縮することができれば、それだけで信用力を高めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *