小さい会社や個人事業主でもビジネスローンは利用可能

ビジネスローンとは、中小企業等の比較的規模の小さい会社でもできる借入のことを指して呼ばれることが多いです。もちろん個人事業主でも借りられます。

事業性の用途で使うので、事業資金の調達もできますし、仕入や費用等の支出にも使えます。経営者が個人用途で利用するには使えないので十分注意してください。銀行でも事業融資を受けられますが、審査基準が厳しいです。事業規模もある程度大きく安定している必要があるので、中小企業や個人事業主が利用するのは難しいでしょう。ビジネスローンは貸金業に登録されているノンバンクが提供している場合が多いです。

預金業務を行っていないので、貸付に必要な資金を銀行からの借入等で対処しています。そのため、金利は銀行の融資よりも高めになりますが、審査から融資までの期間が短く、返済期間も長めで負担のないように工夫されています。ビジネスローンを申請するには、経営者や法人代表者の本人確認の書類以外に様々な書類が必要になります。法人であれば会社の実在を証明する登記簿謄本がいりますし、直近2年の決算書等の財務諸表が必要です。個人事業主の場合は、直近2年の確定申告書と決算書の提出が求められます。

書類の面から考えると、最低でも2年以上は黒字経営をしているのが条件だと分かるでしょう。ノンバンクは貸金業ですが、ビジネスローンは総量規制対象外です。審査によっては年収の3分の1を超える借入も可能な場合もあります。事業や事業の概況書や資金計画についての書類も必要ですが、担当者の判断によって見込みがあると判断される場合には大きめの融資枠が認められることもあります。特にビジネスローンに特化した金融機関の場合は、スコアリング審査よりも融資担当者の判断を重視する傾向があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *