ノンバンクとは何か?

ノンバンクとはその名前の通り、「銀行以外の金融機関」のことを指します。

個人向け融資の世界ではあまり使われない言葉ですが、事業資金の融資においては金利が低く高額な借り入れがしやすい銀行に融資を申しこむのが一般的です。ただ銀行から融資を断られた場合や、従業員の給料など比較的少額の借り入れで銀行を使うのは不適格といった場合があります。

そのほかにも、銀行で借りる気はあるが担保の設定や保証人の設定が必要になるので時間がかかるといった場合などもあるので、どのような状況でも使いやすいというわけではありません。そういったときに比較的少額で金利も高めになりやすいながら早めの融資や柔軟性が高い契約をしてくれるノンバンク系を使うことが多いです。具体的にノンバンクといった場合、貸金業の許可を得て営む会社を指すことが多いです。銀行以外で公的な融資や支援を行ている機関もありますが、そういった公的な支援の類はノンバンクということはありません。

また貸金業の中でも事業者に対しての融資を専業としている会社もありますし、クレジットカードを提供するカード会社が事業の一環として行う、また個人向けの消費者金融をメインとしている会社が事業資金融資を行うこともあります。特に総量規制の登場によって個人向け貸付の金額に上限ができたので、貸付額を増やすために最近では消費者金融やカード会社など今までは個人向け貸付を専業にやっていた会社がノンバンク系として事業資金の貸し付けを行うことが多くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *