無担保融資をするノンバンク!利用するリスクは?

ノンバンクと言えば、消費者金融やクレジット会社など銀行以外の貸金業者をイメージします。

消費者金融はバブル崩壊後に利用者が急増し、高い金利体系から多重債務化する利用者が多く、多重債務の結果、自己破産をする人も多かったです。従来の消費者金融は、出資法の上限金利である29.2%で貸し出しをしている業者が多かったのですが、2006年の改正貸金業法の完全施行により利息制限法の上限金利である20%を超過する貸し出しを禁止するといった法整備から、ノンバンク系の融資に規制が設けられました。

そのほかにも、個人への融資の場合、年収の3分の1を超える新規貸し出しにも規制を設け、融資を実行する店舗では金融免許を持ち、貸金業務取扱主任者の有資格者を配置し、貸出しに対する助言や指導を行うなど、法の規制は厳しくなり、多重債務化する利用者を減らす動きが見られます。現在では、金融が経済の歯車となるため、大手銀行グループの傘下で経営が行われるノンバンクが多く、コンプライアンスの高い営業が行われています。ノンバンクでは保証人や担保設定なく借りられる反面、担保融資に比べて利息が高いのがデメリットですが、担保物件は抵当権が設定され、いつも売られる状態にもあります。

年率として低い利息も30年を超過する借入期間であれば20%以上ともなります。短期的に返済可能な融資を受けるのであればノンバンクのメリットもあります。返済の計画性を正しく持って融資を受ければ無担保融資のメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *