ノンバンクにあたる金融機関

ノンバンクは貸付業務のみをし、預金業務や為替業務を行わない金融機関のことです。

主な所では個人や法人に貸付業務を行う消費者金融や信販会社の他に、クレジットカードの発行会社も含まれます。銀行や信用金庫、信用組合等は業務を行っているのでノンバンクにはあたりません。ノンバンクは貸金業に分類され、運営するには所在地のある都道府県に貸金業登録をする必要があります。許可を受けた金融機関であれば、パンフレットやサイトに都道府県の許可番号の記載があるので安心して利用できるでしょう。

一般的にはノンバンクの方が貸付金利が高めの傾向にあります。預金業務を行っている金融機関の場合は、顧客から預かったお金で資金を調達しやすくなり、利率を低めにできます。しかし、預金業務が行えない場合は銀行等からの借入で調達しなくてはなりません。借りた分の利率も上乗せされるので、高くなると考えられます。ノンバンクから借入をするには総量規制という貸金業法の取り決めもあり、個人であれば年収の3分の1までしか借入限度額の設定ができません。

消費者金融や信販会社の借入限度額やクレジットカードのキャッシング枠等、貸金業法の影響を受ける金額を合算して限度額を算定します。貸金業法下の企業からお金を借りるには、就業して確実に収入を得ている人でないと申し込みができません。ただし、法人相手や個人事業主相手の事業用ローンや個人相手でも消費者に有利となるおまとめローンは総量規制の対象外となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *