ノンバンクという金融機関

金融機関を分類する呼称であるノンバンクは銀行や信用金庫以外をまとめたものですが、簡単に言えば預金業務を行っていないという違いがあります。

銀行系という紛らわしい表現がしばしば誤用されていますが、グループ会社であるだけで預金を取り扱っているわけではないのでこれもノンバンクです。融資を受ける際に審査が比較的通りやすく、急いでいるときにでも対応できる特徴がありますが、括りが広範囲になるため当然ながら信用性の疑わしい業者も存在します。大手の消費者金融や信販会社以外を利用する場合には許可を得て運営していることを必ず確認しましょう。ノンバンクは業種では貸金業に分類されることにも注意が必要です。

用途に制限のないカードローンやキャッシングを利用するのであれば総量規制の対象になるため、上限が年収の3分の1に制限されています。金融機関で提示している限度額の上限まで余裕があっても法律で規定されているので利用できません。ただし、カーローンや住宅ローン、治療費などの一般的な消費と異なる目的のものは対象外なので高額の借り入れができます。借りやすいという点では便利ですが、通常は金利が銀行よりも高くなっているので返済の面ではお得とは言えません。

ローンを利用するのであれば最初は銀行を検討し、審査に落ちる、または借りられるまでに時間がかかり過ぎるなどの不都合がある場合にノンバンクを検討した方が良いです。なお、ノンバンクでも正規の金融機関であれば審査は行うので、個人信用情報機関に異動情報がある場合は銀行と同様に利用が困難になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *