ノンバンクの利用方法を考えてみましょう

事業を営む法人やサラリーマンが必要に応じ、資金を借り入れする時は多くの場合は銀行や信用金庫、信用組合といった金融機関から借り入れ調達することが一般的です。

金利も安く、調達する理由等もあれこれと詳細に聞かれたりするわけですが、手続きが煩雑であることも金利が安いことの裏返しとなるのです。ノンバンクといわれる金融会社は、通常の調達ルートとは違い、ある意味ニッチなマーケットを構成しているといえるのです。中小企業においては、ノンバンクをメインバンクとしている企業は少ないと思いますが、ノンバンクが対応する融資案件として、例えば銀行等の融資手続きに相応の時間がかかることが判明し、手続き前にどうしても資金需要に対応しなければならない時に一時的に借り入れする金融会社がノンバンクだったりするのです。銀行ではない金融会社からの資金調達のコストは高くなりがちです。

したがって真にやむを得ない場合を除いては借入は控えるべきであり、特に決算期に於いて借入残高があることは絶対に避けるべきだと考えます。決算書に借入金融機関の名称が記載されることになり、その名称にノンバンクの名前が連なることは、銀行取引の慣例からいっても良い印象があるとは言えず、できるだけ避けたほうがよいと思われます。

資金繰りの都合からして、スポットでのお付き合い、借入と返済を繰り返す中で、最低限のお付き合いをしておけばよいのではないかと考えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *