ノンバンクとはどのような金融機関か

ノンバンクとは銀行以外の金融機関を指す言葉であり、業務では預金を取り扱っておらず融資が主要業務になっています。

そのため、ローンを組む際の候補として検討する金融機関です。カードローンやキャッシングの場合、ノンバンクは貸金業になるため総量規制が適用されるのが大きな違いであり、全体で年収の3分の1までしか借りられないため、それ以上の金額が必要になるのであれば銀行のカードローンを利用します。

借りやすさ、特に即日融資を受けたいときに優れているのがノンバンクです。銀行もメガバンクでは保証会社に審査を任せて即日融資を実現しているところがありましたが、チェックが甘くなって暴力団などに融資してしまう問題があったため、自主規制で警察のデータベースの照会が追加されて時間がかかるようになりました。法律で制限されたものではないのでノンバンクは従来通り最短で即日融資が可能です。金利の面では高くなるので、返済の負担を抑えたいのであれば向いていません。審査を簡略化すれば貸し倒れのリスクが高まるので金利で損失を補う仕組みになっています。

ノンバンクであってもローンの全てが総量規制の対象になるわけではありません。有利になる借り換えの場合は対象ですが例外として制限以上の借り入れが認められています。また、用途が事業資金である、治療や介護に必要である、車の購入費に充てる場合などは対象外になっているので銀行で借りられないときに検討すると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *