比較的借入がしやすいビジネスローン

ビジネスローンは法人や個人事業主を相手にした貸金業からの貸付のことで、利用目的が事業運営に関することになります。

ただし、個人事業主相手の場合は、事業以外に個人的な目的で利用しても良いと定められていることもあるので事前の確認が必要です。法人相手の融資は銀行が積極的なイメージがありますが、審査を受ける際に用意する書類が多いです。貸付をするのに財務状況や経営状態などを詳しくチェックされるので、実際に借入するまでに時間がかかることも予想されます。ビジネスローンの場合は、申し込み書に基づき、審査基準を満たすかスコアリング審査をするために早めに借入ができる場合が多いです。

ビジネスローンを銀行の融資が適うまでのつなぎ融資として利用する経営者もいます。たいていは直近2年の申告書や損益計算書と貸借対照表の提出が求められるでしょう。独立し立ての経営者でも借入可能とされているビジネスローンであれば、事業の概況や計画書・事業実態が証明できる領収書等の書類を提出すれば良いとされることもあります。ビジネスローンを提供しているのは、主に消費者金融や信販会社です。

個人相手ではないので総量規制対象外になり、審査によっては年収の3分の1以上の借入も可能になります。借入希望額が少なめであれば、本人の信用のみで借入ができます。大きい金額を希望した場合は保証人を付けたり、土地や建物などを担保として設定する必要があったりするケースもあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *